ホーム 古座川町概況 暮らしの情報 観光ガイド 町づくり施策 サイトポリシー
  古座川町概況
◆古座川町長あいさつ
◆町勢要覧
◆人口と世帯数
◆交通アクセス
  役に立つ情報
◆ふるさとバス時刻表
◆ゴミ収集カレンダー
◆施設の予約状況
◆広報誌
◆洪水・津波ハザードマップ
◆ライブカメラ
  出来事・ライフステージ
◆妊娠・出産
◆子育て・子供
◆入学・入園
◆成人・社会人
◆就職・退職
◆結婚・離婚
◆転居・住宅
◆福祉・介護
◆弔事・葬儀
  くらしの情報
◆申請・届出・証明
◆くらし・税・環境
◆医療・健康・福祉
◆消防・防災・災害対策
◆教育・文化
◆町議会
  古座川観光ガイド
◆古座川町の観どころ
◆イベント・まつり
◆遊ぶ・体験
◆食べる・泊まる
  町づくり施策
◆農林水産業・産業
◆ふるさとづくり寄付
◆古座川で田舎暮らし
  申請・届出・証明
古座川町にお住まいの方、これからお住まいになる方、あるいは外国籍の方などの、各種登録手続きや証明などについてご覧いただけます。
◆住民基本台帳について >>
◆住民票・戸籍等の交付請求について>>
◆印鑑登録について>>
◆戸籍の届出について >>
◆住民票・戸籍・各証明書などの郵送請求について >>
◆選挙人名簿について >>
◆古座川町本人通知制度について(ご案内) >>
◆各種税務証明 >>
◆狂犬病予防事業 >>
  住民基本台帳
・住民基本台帳とは
一人ひとりの住所、氏名、生年月日などが記載され、選挙、国民健康保険、国民年金、介護保険、義務教育、地方税など行政全般にわたり基本となる台帳であり、印鑑証明、運転免許証、入学、就職、登記、年金、健康保険等に必要な住所、世帯に関する証明の基本となる台帳です。
住所を変更するときは、必ず届けましょう。
  住民票・戸籍等の交付請求
・住民票の写しや戸籍等が必要なとき
交付請求書に必要な理由を具体的に記入し署名、押印してください。(届出人本人による署名の場合押印は必要ありません。)第三者の方が請求する場合、個人の権利やプライバシーを守るため、本人からの委任状が必要です。

戸籍等交付申請書
・戸籍謄本、抄本 ・除籍謄本、抄本 ・原戸籍謄本、抄本 ・戸籍附票謄本、抄本
・住民票謄本、抄本 ・除票 ・身分証明書 ・その他
戸籍等交付書は下記からダウンロードできます。
○戸籍等交付申請書(PDF)
 
・各種届出について
転入届--------住所を定めた日から14日以内。
転出届--------町外へ住所を移す前に。
転居届--------町内で住所が変わったら14日以内に。
世帯変更届----世帯主、世帯の変更があった日から14日以内に。

○住民異動届(PDF)
 
 Adobe Readerのダウンロードへ
PDF形式のファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、Adobe社から最新版が無償ダウンロードできます。
・古座川町の人口と世帯数
 
  印鑑登録
・印鑑登録について
古座川町に住所を有する15歳以上の方は、一人一個の印鑑登録が出来ます。
(15歳以上の未成年が、印鑑登録を受けようとする場合は、同意書が必要です。)
1.本人自ら申請に来られた場合
  登録する印鑑と本人確認できるものが必要です。
  申請と同時に印鑑登録証を交付します。同時に印鑑証明書も発行することができます。
2.代理人による申請の場合
  登録する印鑑と代理人の認印、代理人選任届が必要です。この場合本人あてに照会郵送し、その回答書を本人叉は、代理人が持参したときに登録することができ、始めて印鑑登録証を交付することになります。
3.登録できない印鑑
 ・印影が住民票叉は、外国人登録原票に記載されている氏名、氏もしくは名叉は、氏に名の一部を組み合わせたもので表わしていないもの。
 ・職業資格その他氏名以外の事項を表わしているもの。
 ・ゴム印その他の印鑑で変形しやすいもの。
 ・印影の大きさが一辺の長さ8ミリメ-トルの正方形に収まるもの叉は一辺の長さ20ミリメートルの正方形に収まらないもの。
 ・印影を鮮明に表わしにくいもの。
・印鑑登録の廃止について
登録証を亡失したときは、登録された印鑑を持参して、印鑑登録亡失届をして下さい。
印鑑を亡失したときは、登録証と認印を持参して印鑑登録廃止届をして下さい。
印鑑を変更するときは、登録証と登録印を持参して印鑑登録廃止届をして下さい。
本人が印鑑登録の廃止が出来ないときは、代理人選任届を添えて、代理人により印鑑登録の廃止が出来ます。 
・印鑑登録証明が必要なとき
印鑑登録証明書を受けようとするときは、印鑑登録証を持参して下さい。
登録印は、必要ありません。
代理人に証明書の交付を依頼するときは、印鑑登録証と、代理人の印鑑が必要です。
  戸籍
・出生届
届出期間 生まれた日から14日以内
(届け出期間の末日が土・日・祝日の場合は休日の翌日)
届ける人 父または母、どちらも届けられないときは、同居者または出生に立会った医師または助産婦
※父母が必要事項を記入した届出書を使者が提出することができます。
届出書には必ず子の父または母による自筆の署名と押印をお願いします。
届出地 本籍地か出生地または届出人の所在地、住所地の市町村役場
届出に
必要なもの
出生届書、出生証明書(病院で発行)、母子健康手帳、届出人の印鑑、古座川町の国民健康保険に加入されている場合には国民健康保険証
その他 子の名に使用できる文字は常用漢字、人名漢字、カタカナ、ひらがなに限られています。届出が遅れたときは、失期届が必要です。
・婚姻届
届出期間 届出期間の規定はありませんが、届出をしないと正式の夫婦として認められません。(届出することによって効力が生じます)
届出人 夫と妻
届出地 夫か妻の本籍地または所在地の市町村役場
届出に
必要なもの
婚姻届出書、本籍地以外の市町村役場に提出する場合には夫・妻の戸籍謄本または抄本1通、届出人の印鑑、未成年者の方は、父母の同意書
その他 住所の変更等が伴う場合、転入、転居の異動届をしてください。
成人の証人が2人必要となります。
・離婚届
届出期間 協議離婚の場合は、届出した日が離婚日となります。
裁判離婚の場合は、調停の成立または審判・裁判の確定日から10日以内に届出なければなりません
届出人 協議離婚の場合は、夫と妻
裁判離婚の場合は申立人
届出地 夫婦の本籍地または届出人の所在地
届出に
必要なもの
離婚届書、戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)1通(本籍地が届出地と同じときは不要です。)、届出人の印鑑、離婚の際に称していた氏を称する届、本人確認書類(協議離婚の場合)、調停調書の謄本(調停離婚の場合)、審判・判決の謄本と確定証明書(審判・裁判離婚の場合)、住民基本台帳カード、国民健康保険証
その他 住所の変更等が伴う場合、転入、転居の異動届をしてください。
協議離婚の場合、成人の証人が2人必要となります。
・死亡届
届出期間 死亡した日から7日以内
届出人 親族、同居者、家主・地主・管理人
届出地 死亡者の本籍地、住所地、死亡届出人の所在地の市町村役場
届出に
必要なもの
死亡届書、死亡診断書、届ける人の印鑑
その他 死亡者が国民健康保険に加入している場合、葬祭費が支給されます。死亡届と同時に火葬の届をする場合は葬儀の日時、喪主の氏名が必要です。
・転籍届
届出人 戸籍の筆頭者及びその配偶者
届出地 届出人の本籍地および転籍地、または所在地の市町村役場
届出に
必要なもの
戸籍謄本1通(町外から転籍する場合)、届ける人の印鑑
・その他の戸籍の届出
養子縁組届、養子離縁届、入籍届、分籍届、認知届、氏名の変更届など多くの届がありますが、詳しくは住民福祉課戸籍係へおたずねください。
  住民票・戸籍・各証明書などの郵送請求について
・郵送で交付申請する場合
本籍が遠隔地にある場合などは、郵送で依頼することができます。
申請書をダウンロードするか、便箋等に
   1. 必要な謄本・抄本の種別
   2. 申請者の住所氏名、押印、昼間にご連絡できる電話番号(携帯電話や勤務先でも結構です)
   3. 本籍
   4. 筆頭者の氏名、生年月日
   5. 使用目的、提出先
   6. 必要枚数
を明記し、返信用封筒・切手、手数料、本人確認書類の写し(運転免許証、パスポート、住基カード、健康保険・介護保険被保険者証等のコピー)を同封して戸籍係へ送付してください。

【返信用封筒】
返信先の宛名を記入し、切手82円分を貼付して下さい。切手の金額が不足している場合は、「不足分着払い」とさせていただきます。
速達を希望される方は上記の金額に280円を足した分の切手を貼付し、「速達」と朱書きしてください。 
※ 送付先については、申請された方の住民票及び戸籍附票に記載されている住所への送付となります。

【手数料】 ・・・郵便小為替を同封して下さい。お釣りの無いようにお願いします。 
 1.戸籍謄・抄本     ・・・450円/1通
 2.除籍、改製原、謄・抄本・・・750円/1通
 3.身分証明       ・・・200円/1通
 4.戸籍附票       ・・・200円/1通
 5.住民票・除票     ・・・200円/1通

【送付先】
〒649-4104 和歌山県東牟婁郡古座川町高池673-2
古座川町役場 税務住民課 戸籍係
戸籍等交付申請書
・戸籍謄本、抄本 ・除籍謄本、抄本 ・原戸籍謄本、抄本 ・戸籍附票謄本、抄本
・住民票謄本、抄本 ・除票 ・身分証明書 ・その他
戸籍等交付書は下記からダウンロードできます。
○戸籍等交付申請書(PDF)
 
  選挙人名簿について
・選挙について
古座川町で投票できる人は、住民基本台帳に基づいて選挙管理委員会が作成する選挙人名簿に登録されている人です。
・選挙人名簿への登録
定時登録(年4回)と選挙時登録(各選挙基準日現在)で、町内に住所を有する年齢満20歳以上の日本国民で、住民基本台帳が作成された日から引き続き3箇月以上古座川町の住民基本台帳に記載されている人が、選挙人名簿に登録されます。
・選挙人名簿の縦覧・閲覧
○縦覧  登録者名簿は、一定期間、町選挙管理委員会で縦覧できます。

[定時登録]・・・・・毎年3月、6月、9月、12月の3日〜7日
[選挙時登録]・・・選挙の都度、縦覧期間を告示します。

○閲覧  一定期間を除いて、常時、町選挙管理委員会で閲覧できます。
  古座川町本人通知制度について(ご案内)
・事前登録型本人通知制度とは?
 この制度は、事前に登録した方に対して、その方の住民票の写しや戸籍謄本などの証明書を本人 の代理人や第三者に交付したとき、証明書を交付した事実を通知する制度です。住民票の写しや戸籍謄抄本などの不正請求の抑止や不正取得による個人の権利の侵害を防止し、また、本人通知制度が周知される事で委任状の偽造や不必要な身元調査等の未然防止を図るために、平成
27 年3 月から実施します。

※ 住民票や戸籍謄抄本等の交付を制限する制度ではありません。
・事前登録できる人
古座川町の住民基本台帳に記録されている人(住民基本台帳より除かれた人も含む)
古座川町に本籍がある人(戸籍から除かれた人も含む)
・登録できる場所
古座川町役場税務住民課、保健福祉センター、三尾川出張所、七川出張所、小川出張所
・登録方法 
〇 本人が登録を申し出る場合
@ 「古座川町本人通知制度事前登録申請書」
A 本人確認書類(運転免許証・顔写真付住民基本台帳カード・旅券等)
※ 顔写真が付いている公的な本人確認書類等

○ 代理人が登録を申し出る場合
・ 未成年者の法定代理人・・@と戸籍謄本及び代理人の本人確認書類
・ 成年後見人・・・・・・・@と登記事項の証明書及び後見人の本人確認書類
・ その他の代理人・・・・・@と委任状及び代理人の本人確認書類
※ 疾病その他やむを得ない理由及びその他の市町村に居住していて窓口で直接申請することができない場合は、郵送で申請することができます。
・登録期間
本人通知の登録有効期間は、申請を受け付けた日から3 年間としてきましたが、平成28 年11 月1 日より、3 年間の登録有効期間を廃止し、これより登録更新手続きが不要になりました。
なお、平成28 年10 月31 日以前に登録して頂いた方につきましては、登録の更新をして頂く必要はございません。
・通知の対象となる証明書 
・ 住民票の写し等及び戸籍の附票(除票を含む)
※ 除票になってから5 年以上経過しているものは除く。
・ 住民票記載事項証明書
・ 戸籍謄抄本(全部・個人事項証明書)(除籍・改製原を含む)
・ 戸籍の記載事項証明書(一部事項証明書)(除かれた戸籍を含む)
※ 次に該当する場合は通知の対象外です。
・ 国又は地方公共団体の機関からの公用請求により交付した時
・ 裁判及び紛争に関わるもので、八士業(弁護士等)が請求した場合
・通知の対象となる第三者とは 
〇 本人等の代理人
・ 住民票関係 ・・・・・ 「本人」「同一世帯の人」が委任した代理人
・ 戸籍等関係 ・・・・・ 「本人」「同一戸籍内の人又はその配偶者」
              「直系尊属卑属」が委任した代理人
〇 第三者(個人・法人)
本人等以外で自己の権利の行使、又は義務の履行のため、住民票の写し等を請求する「正当な理由」がある個人又は法人
※ 正当な理由
・ 債権者(金融機関、不動産賃貸事業者等)が債権回収のために取得する場合
・ 債権者(生命保険会社、企業年金等)が債務の履行(満期になった生命保険金、年金等の支払い)のために取得する場合
・ 相続や訴訟手続きに、法令に基づく必要書類として取得する場合
〇 第三者(八士業)
弁護士・司法書士・土地家屋調査士・税理士・社会保険労務士・弁理士・海事代理士・行政書士が職務上の理由(受任している事件又は事務に関する業務の遂行)により住民票の写し等を請求する場合
・本人通知方法 
事前登録日以降、第三者等に証明書を交付した場合に「古座川町住民票の写し等交付通知書」により本人(登録申請者が法定代理人の場合は法定代理人)に通知します。
・通知内容 
・ 交付年月日
・ 交付した住民票の写し等の種別及び通数
・ 交付請求者の種別(本人の代理人請求・第三者請求(個人・法人・八士業))
※ 第三者へ住民票の写し等を交付した内容については、古座川町個人情報保
護条例の規定に基づき、本人が開示請求することができます。
なお、開示請求が認められた場合においても、古座川町個人情報保護条例の規定により開示される情報は制限されることがあります。
・登録変更・廃止の届出 
登録機関中に転居や戸籍異動などで登録申請書に記載した事項(氏名、住所)本籍等)に変更があった場合、登録を廃止したい場合などは、必ず「古座川町本人通知制度事前登録(変更・廃止)届出書」を提出して下さい。
※ 変更の届出がない場合、新しい住所や本籍に係る証明書の交付事実の通知ができませんので、ご注意下さい。
   【問い合わせ】
   古座川町役場税務住民課 戸籍住民係
   古座川町高池673番の2
    0735−72−0180
  各種税務証明
税務住民課税務班では、次のような各種証明書等の発行業務を行っています。
種 類 内    容 必 要 な も の
本 人 代 理 人
所得証明書  所得の種類別所得額等 本人確認書類及び印鑑 委任状(委任者が署名捺印したもの)代理人の印鑑
課税証明書  住民税の課税額・控除額・税額等   同  上   同  上
非課税証明書  住民税が非課税であることの証明   同  上   同  上
評価証明書  土地および家屋の評価額   同  上   同  上
公課証明書  土地および家屋の課税標準額、税額   同  上   同  上
名寄台帳記載事項証明書  名寄台帳に記載されている事項の証明   同  上   同  上
納税証明書  町税等の課税額および納付状況   同  上   同  上
○証明書手数料 証明は1通(件)に付き200円です。
○郵送による申請 − 所得証明・資産評価証明等の郵便請求について 下記の要領で古座川町役場税務住民課 税務班宛にご請求ください。
 (1) 申請書(下記よりダウンロードしてください)もしくは、便せん等に以下のことを記入してください。
   1.申請者の住所・氏名・押印・電話番号
   2.必要な方の氏名(本人でない場合は委任状が必要です)
   3.請求する証明書「××証明 ○通を交付願います」等を記入してください。
 (2) 交付手数料
   ・必ず定額小為替をご利用ください。郵便局で購入できます。
   ・定額小為替には、何も記入しないでください。
   ・切手による納付はできません。
   ・手数料は、1通につき200円です。
 (3)本人確認書類 
   ・申請者の本人確認ができる書類(運転免許証・保険証等の写し)を同封してください。
 (4)返信用封筒
   ・あらかじめ請求者の郵便番号、住所、氏名を記入のうえ、切手を貼っておいてください。
   ・お急ぎの場合は、速達にしてください。
  (1)〜(4)を同封し、下記まで送付してください。

   〒649‐4104
   和歌山県東牟婁郡古座川町高池673番の2
   古座川町役場 税務住民課 税務班宛
◎税務証明書交付申請書ダウンロード (PDFファイル)
税務証明書交付申請書


税務証明書交付申請書(記入例等)
 Adobe Readerのダウンロードへ
PDF形式のファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、Adobe社から最新版が無償ダウンロードできます。
  狂犬病予防事業
◎登録
犬の所有者は、犬を取得した日(生後90日以内の犬を取得した場合にあっては、生後90日を経過した日)から30日以内に登録しなければなりません。
◎狂犬病予防接種
・毎年1回狂犬病予防注射を接種しなければなりません。4月に町内各所において実施します。
・これ以外の時期には、獣医科で接種して下さい。
・狂犬病予防注射を接種すると、「狂犬病予防注射済票」を交付しますので、必ず首輪に取り付けて下さい。
Copyright @ Town Kozagawa Wakayama.jp . All Rights Reserved