ホーム 古座川町概況 暮らしの情報 観光ガイド 町づくり施策 サイトポリシー
  古座川町概況
◆古座川町長あいさつ
◆町勢要覧
◆人口と世帯数
◆交通アクセス
  役に立つ情報
◆ふるさとバス時刻表
◆ゴミ収集カレンダー
◆施設の予約状況
◆広報誌
◆洪水・津波ハザードマップ
◆ライブカメラ
  出来事・ライフステージ
◆妊娠・出産
◆子育て・子供
◆入学・入園
◆成人・社会人
◆就職・退職
◆結婚・離婚
◆転居・住宅
◆福祉・介護
◆弔事・葬儀
  くらしの情報
◆申請・届出・証明
◆くらし・税・環境
◆医療・健康・福祉
◆消防・防災・災害対策
◆教育・文化
◆町議会
  古座川観光ガイド
◆古座川町の観どころ
◆イベント・まつり
◆遊ぶ・体験
◆食べる・泊まる
  町づくり施策
◆農林水産業・産業
◆ふるさとづくり寄付
◆古座川で田舎暮らし
  最初にしなければならないこと
◎死亡届の提出
 ご家族等がお亡くなりになられた際には、死亡届の提出をお願いします。
届出期間 死亡した日から7日以内
届出人 親族、同居者、家主・地主・管理人
届出地 死亡者の本籍地、住所地、死亡届出人の所在地の市町村役場
届出に
必要なもの
死亡届書、死亡診断書、届ける人の印鑑
その他 死亡者が国民健康保険に加入している場合、葬祭費が支給されます。死亡届と同時に火葬の届をする場合は葬儀の日時、喪主の氏名が必要です。

◎火葬・埋葬
 死亡届を提出された際に、埋・火葬の申請を受け付けております。
手続きが終了いたしましたら、許可証を発行いたしますので、死亡届の提出と併せて手続きをお願いします。
  なるべく早く手続きしなければいけないこと
◎国民健康保険喪失(保険証の返却)の手続き
 国民健康保険の被保険者が死亡されてから14日以内に喪失の手続きをする必要があります。

◎世帯主死亡による世帯主変更
 世帯主だった方が死亡されて、生存されている世帯員が二人以上の場合、住民基本台帳(住民票)に関する届けが必要です。

◎印鑑登録証返却
 印鑑登録をされていた方が死亡された場合、印鑑登録廃止申請をする必要があります。

◎年金受給権者死亡届
 年金受給者が死亡された時は、すみやかに「年金受給権者死亡届」(死亡届)を提出してください。
 死亡届・年金証書・死亡の事実を明らかにできる書類(戸籍抄本、死亡診断書など)を添えて、役場住民福祉課保険年金係までお越し下さい。

◎公共料金の名義変更
 公共料金の契約者が死亡された場合、すみやかに届け出てください。銀行・郵便局の口座は、名義人が死亡されるとすぐに口座を閉鎖されますので、口座振替を利用されているかたは口座振替の変更も必要です。
  死亡の際、受けられる給付は
◎埋葬料・葬祭費
 国民健康保険の加入者や健康保険の被保険者の死亡の場合は、埋葬料・葬祭費として遺族に支給されます。
◎遺族年金・寡婦年金・死亡一時金
 条件により給付される場合があります。
  火葬場について
◎古座川町斎場
〒649-4231 和歌山県東牟婁郡古座川町鶴川350 番地3
TEL 0735-78-0780(斎場稼動時のみ)
担当課 古座川町役場住民福祉課 TEL 0735-72-0180(代表)

施設概要
・敷地面積:3734.8 u
・建物規模:鉄骨造、建築面積409.10 u、延べ床面積450.33 u
施設内容
・火葬炉設備:2基、火葬炉前ホール、収骨処置室
・待合室(洋風):13人収容、(和風):12人収容
・駐車場:16台収容。
Copyright @ Town Kozagawa Wakayama.jp . All Rights Reserved